探偵と警察の関係

探偵という職業は、企業の或いは、他人の隠された部分を調べ上げ、依頼者へ報告するような依頼内容も多く、通常の情報源だけではその調査が完了しない、といった場合も多いものです。
また、尾行という調査対象の行動を監視し続けるような、一般の人では難しい捜査方法では、特殊な知識、経験、そして訓練が必要となる場合も多いのです。

勿論、危険な状況におかれ自らの身を守るための護身術などを身につけている必要も有り、探偵社に入社したからといってその全てを取得するには、専門の知識を持つ指導者と同時に、相当の期間を要するものなのです。

そのため、探偵社は、そんな専門知識に長けた人材、つまり、多くの場合、警察官を退職した人材などの関係者を社員として、また指導者として迎える事も多いのです。
当然の事ながら教えられたからといて全ての知識や技術を取得できるとは限りませんし、また経験にしても言葉や訓練だけで身に付くはずも有りません。

しかし、知らないよりは知っているほうが、例え経験していなくてもそんな事態も有り得ることが判っているだけでも大きなメリットになるのです。
更に探偵が依頼に沿った調査をする場合、警察と関係のある人材が社内にいることが大きなメリットになる事が有ります。

それは、調査を進めるにあたり通常では知り得ない情報を入手する事や、障害となりそうな問題に遭遇した場合、その人材が仲立ちとなり、調査が円滑に進む場合もあるのです。